Windows10アップグレード中に出たエラーで混乱 クリーンブート設定で解決

スポンサーリンク

Windows10へのアップグレード中には、いろいろなトラブルが発生してしまいます。

今回は、実際に起こったトラブルと、その解決方法を紹介したいと思います。

不明なコマンドラインオプション [/DynamicUpdate] が指定されました。

作業内容

今回作業したパソコンは

HP Probook650シリーズ
Corei5搭載、8.0GBメモリー、500GBHDD⇒500GBSSDに交換、DVD-Multi搭載、Windows7Pro 64bit

  1. Windows7を起動し、まずはデータのバックアップ作業、Mydocumentやデスクトップにあるデータなどおおよそ40GBを外付けのHDDにバックアップ。
  2. メーカーWebサイトより最新のドライバー類をダウンロード、インストール。
  3. MicrosoftのWindows Updateを実行
  4. SSDのディスクスキャンは移行時に行っていましたが、再度最適化を実行
  5. 接続してあるUSB機器(ここではバックアップ用のHDDとマウス)を取り外す
  6. Windows10へのアップグレードを実施 

今まで行ってきたことを忠実に守りながら実施しましたが、やはりトラブルはつきものですね。

 

トラブル発生

このパソコンは、HDDをSSDにクローンを作成し交換したときから動きが変で、何かあるだろうと予想はしていましたが、まさか最後の最後でこのようなトラブルになるとは夢にも思いませんでした。

そもそも、HDDを取り外しSSDに交換したときに、起動しないというトラブルから始まりました。

もしやと、既設のメモリーを外して取り付けてなおしてみたところ起動したというパソコンでした。

トラブルの内容

Windows10のダウンロードも終わり、「セットアップを始めています」の画面で出てきた内容がこちら⇓

「✖不明なコマンドライン オプション /DynamicUpdateが設定されました」が表示され、先へ進まないという現象。

✖印を押しても反応してくれません。

仕方ないので、Ctrl+Alt+Delキーでタスクマネージャーを起動し、Windowsアップデート自体をいったん終了させました。

解決方法を探る

Web上にはいろいろな解決方法が書いてあります。膨大な中からこれといった解決方法を探すのは大変、特にメーカーページでは読んでいくうちに頭がこんがらがってきたり、あちこちに飛ばすのでどこを見ていたのかも忘れる始末。

これでは、一向にラチが明かないと、参考になるようなサイトと照らし合わせながら、自分なりに解決策を探ってみました。

メモリーを付け替えてみる

HDD交換時に出たトラブル「メモリーを抜き差しして解決」を行い、再度Windows10へのアップグレードに挑戦しました。

結果⇒インストール失敗 

アップデートを再度確認

HPのWebサイトにてサポート情報を確認しましたが、デバイス関係のアップデートは最初に行っていたので、特に確認できませんでした。

Windows Updateも再度実行しましたが、これ以上のものは無いと表示されます。そして再度アップグレードに挑戦。

結果⇒インストール失敗 

BIOS設定を確認

BIOSの設定で何かを変えた記憶もありませんでしたが、念のために工場出荷時に戻してBIOS画面は閉じて再起動。

アップグレードしましたが、結果⇒インストール失敗 

sfc /scannowの実行

sfc /scannowを実行し、Windows10アップグレード実行。

結果⇒インストール失敗 

これでも解決にいたりません。

レガシーUSBサポートの設定

BIOSで「レガシーUSBサポート」を使用しないにしたらうまくいきました。という記事。

BIOSを再度起動して、レガシーUSBサポートを使用しないに設定しましたが、結果⇒インストール失敗

クリーンブートの設定

クリーンブートの設定を変えてみることにしました。

クリーンブートは、Windowsの持ち合わせた最小限のシステム構成で起動させるというものです。

果たしてうまくいくのでしょうか。

検索画面に「msconfig」と入力して、「システム構成」というプログラムを起動します。

全般タブのスタートアップのオプションを選択では、「システムサービスを読み込む」だけにチェックします。

 

サービスタブを開いて、「Microsoftのサービスを全て隠す」にチェックし右にある「すべて無効」ボタンがクリックできるようになりますのでクリックしてサービス欄のチェックを全て外します。

「適用」⇒「OK」をクリックし、パソコンを再起動します。

Windows7を再度Windows10へアップグレードに再挑戦。

何をダウンロードしているのかはっきりはしませんが、今までとは違った画面(ほかのパソコンと同じ画面)が表示されました。

結果⇒成功

なんとかWindows10へのアップグレードは完了しました。ここまでかかった時間は32時間!!

このままでは、クリーンブートのままですので「msconfig」を使って元に戻して終了。

まとめ

これまでに10数台のパソコンを預かってWindows10へのアップデートを試みましたが、今回のパソコンには手を焼きました。

特にいろいろなソフトウェアを搭載しているパソコンにWindows10をアップグレードする際は、クリーンブートで必要ないプログラムは極力起動させない設定にしておくことが大切と分かりました。

これからアップグレードされる方、また管理人のように途中でストップした場合、クリーンブート設定をしてから挑戦されることをおすすめします。

今後もいろんなトラブルは起きそうですね、その都度解決策を探り掲載したいと思います。

 

スポンサーリンク