家でも会社でも街頭でも使われているWi-Fi、無線LANとの違いは

スポンサーリンク

今やWi-Fiはどこに行っても電波を出していますよね、今回はそんな使い慣れたWi-Fiについてのお話です。

無線LANとWi-Fiは違うのか

結論から言うと、同じものととらえていただいて構いませんが、厳密には違いがあり無線LANとは技術の名前でWi-Fiとは商標だということ。

 

無線LANとは

もともと有線でつながれていたパソコン同士を電波を介して接続できないか・・との発想から生まれた技術です。

無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLANWireless LANWaveLAN[1])、もしくはそれを略してWLANとも呼ばれる。著名な無線LANの規格としてIEEE 802.11がある。参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

開発された当時は、IEEE802.11が標準化されていましたがメーカー同士が相互に接続できない、速度も2Mbpsと低速だったことから広く普及しなかったようです。

2000年前後に標準化されたIEEE802.11bは、通信速度を11Mbpsに上げたことにより各社が競って低価格の機器の提供をはじめ一般に普及しました。

Wi-Fiとは

普段、会社や自宅でも良く使われている「Wi-Fi」ですが、何の略語で?どういう意味なのか?を理解している方は少ないのではないでしょうか。

それもそのはず、Wi-Fi自体に意味は無いうえに、略語でもないのでわかるはずもありません。

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線LANに関する登録商標である。Wi-Fi Allianceアメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

無線LANの初期のころはメーカーや製品が違うと相互の通信は出来ませんでしたが、「Wi-Fi」の登場により無線LAN製品の相互接続を可能としました。

つまり、「Wi-Fi」の文字が表記された機器は、相互接続が可能である製品ですよと言う意味としてとらえても良いでしょう。

市民権を得たWi-Fi

2000年前後の話ですが、管理人は県内の教育機関に対して無線LAN導入を手掛けていました。当時は高価で、快く導入することを承諾してくれる機関はありませんでした。それでも、将来学校ではこれも高価でしたがノートパソコンを活用した授業を行う時代が来るということを信じて無線LAN導入の提案活動していました。

当時、ある教育委員会でモデルケースとしての校内ネットワークの話があり、管理人の務める会社だけが無線LANを、ほかの会社は有線LANでの提案をしてきました。

結果は、先見の目があるという理由で管理人の会社と随意契約してもらいました。

あれから10数年、今や無線LANではなく「Wi-Fi」が市民権を得るようになりました。

自宅ではWi-Fiがおすすめ

ノートパソコンにしろスマホにしろ自宅ではWi-Fiでの接続をおすすめします。

特にスマホは、3G/4GやLTEで使用されるパケット通信料が発生しないからです。ノートパソコンは持ち運びに便利ですので、Wi-Fiを利用して書斎でも玄関でもベッドルームでも使うことができます。

勿論自宅には光回線を契約されていることが前提です。

セキュリティはしっかりと

ほとんどのご家庭でWi-Fi機器を設置される場合、購入されたままご使用されるかと思います。現在販売されているWi-Fi機器には、工場出荷の時点でSSIDとセキュリティーキーが設定されていますので、そのまま使用されてもさほど問題は無いようです。

ただ、世の中にはそういったセキュリティーキーを解読する輩もいますので、できたら購入後または設置後しばらくしたらせめてセキュリティキーだけは変更するようにしたいものです。変更方法はメーカーごと違っていますので、マニュアルをしっかり読むようにしてください。

また、誰でも接続できるようなフリースポットのWi-Fiは、ウィルス感染の恐れもありますので、スマホやタブレットなど接続する機器にもウィルス対策ソフトはインストールしておきましょう。

まとめ

無線LANとWi-Fiの違いは、製品自体にWi-Fi CERTIFIEDロゴが表示されているかどうかです。

Wi-Fi CERTIFIEDロゴを製品に表示するには認証を受ける必要があり、認証されていないものは機能が同じでもWi-Fiと名乗ることはできない。
参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Wi-Fiは当たり前の世の中、昔無線LANと言っていたけど、語感も良いWi-Fiという言葉に置き換えられたのだと思います。

今やWi-Fiも多様化し、戸建3階やマンション4LDKをカバーするのも販売されています、ご自身の生活スタイルに合わせて機器を選択しましょう。

セキュリティーにはくれぐれも注意しながら、Wi-Fiのある生活を楽しんでみませんか。

また、ご自宅にこれから光回線を申し込みされる場合は、Wi-Fi付きで申し込みされることをおすすめします。

 

おすすめ家庭用Wi-Fi機器


【Amazon.co.jp 限定】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター APモード搭載機種 11ac 867 + 300Mbps デュアルバンド 全ポートギガビット 3年保証

 


バッファロー 11ac対応 1733+800Mbps 無線LANルータ(シャンパンゴールド)(親機単体) WSR-2533DHP2-CG

スポンサーリンク