巨大IT企業の規約変更 今日の新聞ネタ!

スポンサーリンク

インターネット通販、今やなくてはならない存在ではあり利用する機会も多いのでは、そんな巨大IT企業に対しての取引実態調査の結果を国の機関である公正取引委員会が公表しました。

出店する各社の5~9割の業社が「契約を一方的に変更された」り「不利益な内容」があったなどとと回答し、変更については9割の業者が異口同音で回答した巨大IT企業もあったようです。

取引における不透明性さや強引さを指摘する声も多かったようです。

規約を一方的に変更された割合では、楽天の93.2%を筆頭に、Apple81.4%、Google73.8%、Amazon72.8%、Yahooの49.9%と続きその他のモールやアプリストアでも4~6割あったとのこと。

一方そんな巨大IT企業が経営するサービスを利用している消費者を対象にした調査でも、個人情報や利用データの収集・管理について「懸念している」と回答した人が75.8%もあったようです。また、そんな個人の情報を基に不要な広告が表示されることへの疑念も多かったようです。

対象範囲は、ネット通販やスマートフォン用アプリ配信のサイトを運営するAmazon、Apple、Googleの3社と、日本を代表する楽天、ヤフーの2社を合わせた巨大IT企業5社などとの取引先で、867の回答があった。

こうした調査結果を踏まえ、国は取引の透明性を高めるための規制強化を検討するようです。

各社新聞ネタでした

 

 

 

スポンサーリンク