自分に似合った眼鏡で若返る 老眼鏡の選び方

スポンサーリンク

管理人は、40代なかばの頃に老眼と診断されました、おまけに若いときからの近視に乱視も重なりメガネは必需品で、年に2回ほどは変えています。

40歳を過ぎた頃から、「スマホや新聞の文字が見えにくい」「本やパソコンを見ていると肩こりや頭痛がする」といったようなことを感じているあなた、老眼が来ているかもしれませんよ。

最近の老眼鏡は、おしゃれアイテムの一つとして楽しむ色々なデザインや色があるようですので、調べてみたいと思います。

 

これから老眼鏡を・と思っていらっしゃる方々の参考になればと思います。

 

メガネの「黄金比率」

いつも購入する眼鏡屋さんから「メガネをかける際には黄金比率があるんですよ」というのは聞いたことがあります。

それでもいざ購入となると、自分の気に入ったデザインや色に固執し、「黄金比率」なんて気にもしていませんでした。

ココ最近の話、運転免許証更新用の写真を撮った際に気づきました、異様にメガネが小さく見え、瞳も小さく見えてしまうことに・・

それはそうですよね、老眼鏡の入った眼鏡だと、手元を見るのに欠かせません、で手元を見るためにどんどん目線が下がりがちになってしまいます。

そうする間に、メガネの真ん中にあった瞳もだんだん下の方に下がってしまうのです。実際は瞳が下がるというよりメガネが下がってしまうのですが。

「黄金比率」では、瞳がメガネの中心より「2mm」ほど上にくるようにかけると、顔がキリッと締まり明るく見え若さもアップすると言われているようです。

 

フレームで黄金比率

これもメガネ屋さんからよく言われます、メガネを選ぶ際にも「黄金比率」がありますよ・・と。

フレームです。

フレームには広いものから狭いもの、また縦長になっていたり横長になったりと様々でラインナップも豊富です。

NHKで放送された「助けて!きわめびと」で紹介された「黄金比率」です。

  1. フレームの上端からあごまでの距離の3分の1のサイズを選ぼう
  2. 自分の顔の幅と同じくらいの幅のフレームを選ぼう
  3. 自分のイメージに合った形のフレームを選ぼう
  4. 髪の色にあったフレームを選ぼう

 

フレームの大きさや形、色で、見た目の印象も変わってきますので、フレーム選びには時間をかけることをおすすめします。

 

失敗しない老眼鏡選び

管理人の場合、近視に乱視も入っていますので老眼鏡の入ったメガネ自体を手放すことはできませんが、老眼だけの方でしたらそのシーンによって選ぶことも可能ですのでおしゃれを楽しむ機会も増えるのではないでしょうか。

老眼鏡のレンズの種類には大きく分けて4種類あります。

・新聞やスマホなど手元だけ見る近用
・パソコンや書籍など見るときにさらに楽な近々両用
・TVや映画などを見る際の中近両用
・主に外出先で使う遠近両用
 眼鏡市場さんの公式HPより

長い時間老眼鏡をかけるシーンをポイントに選ぶのがコツです。

 

老眼鏡のいろいろ

老眼鏡の価格もピンキリです。

先程紹介したフレームの素材や大きさなど、またレンズの種類のよっても値段に大きな差があります。

基本的な費用はフレーム代+レンズ代ですが、レンズのカラーやPCレンズ(ブルーカットレンズ)を取り入れた場合追加費用が発生します。

老眼が安定する時期はおおよそ60歳代と言われています、ということは老眼の「度」は進んでいくということです。そのたびにレンズだけは変えていかなくてはなりません。最初は手頃な値段のフレームとレンズで慣れることをおすすめします。

安価のもので、フレーム代5,000円、8,000円ほどで近用ならレンズ代無料、遠近、中近、近々両用レンズを+5,000円で作ることもできます。

高価なものにあるとフレーム代だけで15,000円から24,000円(もちろんそれ以上のものもあります)となり、レンズ代はさらに高品質なものを選択できる商品もラインナップされています。

 

装着時のポイント

装着時のポイントとしては、「黄金比率」も大事ですが、

・かけているときの軽さ
・テンプル(フレームの耳に掛ける部分)のかけ心地
・鼻パッドの肌触り
・こめかみへの圧迫感

も重要なポイントです。

短時間かけるにしろ、重かったりかけ心地が悪かったりすると、かけたり外したりを繰り返しかえって目に悪く、肩こりや頭痛のもとになりかねませんので重要ポイントと言えます。

 

おしゃれな老眼鏡

せっかく作る老眼鏡だからオシャレ度もポイントとしたいですよね。

老眼鏡というとどこか「老い」をイメージさせ、はじめての方は抵抗があるかもしれませんね。

でも、スマホや本を見るときなど、何気なくバッグから老眼鏡を取り出してさっとかける白髪(はくはつ)の男性もおしゃれでかっこよく見えます。

自分の顔の形、肌色、髪型、髪の色など、また普段着る服装との兼ね合いなど意識してショップの方に相談されることをおすすめします。

 

代表的なフレーム

フレームもいろいろありますが、「めがね新聞」さんに詳しく掲載されていますので、こちらをご覧ください。

「めがねフレーム」の形ってこんなにあるの!?

 

 

髪の色に合ったフレーム選び

髪の毛の色とフレームの色は、衣服のファッション同様重要なことです。

黒髪なら濃い色のフレーム、茶髪系なら淡い色、白髪なら全色が合うというふうに言われています。

黒髪 →濃い色のフレーム
黒髪と肌色のコントラストは強い。それを生かして、メガネも濃い色できゅっと引き締めましょう。

茶髪 →淡い色のフレーム
ベージュやパステルカラーで明るい印象を強調し、首から上全体を明るくまとめてみましょう。

白髪 →全色のフレームOK!
どんな色も引き立てる白髪は、メガネでイメージ・チェンジしやすいので楽しみもアップしますよ。

 

まとめ

加齢とともに目に来る老眼、来ないようにと願ってもいずれ来ること間違いなし。であれば素直に受け止めて、セカンドライフを楽しく生きる一つのマストアイテムとして、おしゃれな老眼鏡を購入されることをおすすめします。

おしゃれな老眼鏡で、秋の夜長を読書に耽るのも老後の楽しみかもしれませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク