新元号「令和」を表示させる方法

スポンサーリンク

連休中に元号が「令和」に変わったのに、普段使っているExcelやWordは未だに「平成」で表示されていませんか?

Microsoftの更新を行ってもなかなかうまく表示できない方は、Windowsのレジストリーに追加することで解決しますので、紹介したいと思います。

ご注意

Windowsレジストリーに追加します。毎度のことながら自己責任でお願いします。

 

レジストリーエディタを起動

スタートボタンの上でマウスの右ボタンをクリックし、「ファイル名を指定して実行」を起動します。

 

名前:の欄に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。

レジストリーエディターが起動されますので、以下の手順で開いていきます。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras

「編集」をクリックし、「新規」、「文字列値」の順で操作します。

 

名前の欄に表示された「新しい値#1を「2019 05 01」と入力し名前を変更します。

データの値を追加します

先ほど書き換えた「2019 05 01」の上でマウスの右ボタンをクリックし「修正」を選択します。
値のデータ欄に「令和_令_Reiwa_R」と入力し「OK」をクリックします。

これは、2019年5月1日からは令和と表記されますよ、というレジストリーになります。

レジストリーに追加されたら、「ファイル」「レジストリエディターの終了」の順でレジストリーエディターを終了させます。

 

Excelで確認

Excelを起動して適当なところに西暦で日付を入力します。ここでは2019/05/10
入力したセルの上で「セルの書式設定」を選択し、「表示形式」を「日付」を選択

「カレンダーの種類」を「和暦」にするとサンプルの欄に「令和1年5月10日」と表示されます。

「OK」をクリックすると

 

コマンドプロンプトから追加する

レジストリーエディターは面倒くさいと言われる方にはこちらがおすすめです。

Windowsシステムツールの中にある「コマンドプロンプト」を右クリックし、その他から「管理者として実行」を選択し、以下の「」内をコピペして実行して追加してください。

REG ADD HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras /v “2019 05 01” /t REG_SZ /d “令和_令_Reiwa_R”

 

こちらの方が簡単かもしれませんね・・

 

 

 

 

 

コマンドプロンプトを管理者で実行

スポンサーリンク