Windows10へアップグレード ついでにHDDをSSDに交換する手順 NECVersaProPC-VK20LFBシリーズ

スポンサーリンク

NECのビジネス用ノートパソコン VersaPro PC-VK20LFBシリーズのHDDをSSDに交換する方法です。

同じメーカーでも、機種や型番、取り付けられたマザーボードの種類によって取り外し方に若干の違いがありますので、あくまでも参考にして頂けたら幸いです。

まずは注意点から

  • この作業は自己責任で行ってください、何らかの故障等があったとしても管理人は責任を負いません。
  • 作業後は、たとえ保証期間内であってもメーカー保証は受けられませんのでご注意ください。
  • 取り外し、取付けをする際は、必ずパソコン本体のマニュアルを参照するようにしてください。
  • ハードディスク内の大切なデータは、他のメディア等にバックアップをしてください。
  • 作業は、必ず電源ケーブルは抜いた状態で行ってください。
  • 作業中のコネクタ部分やIC部分には、極力直接触れないようにして作業を進めてください。

 

作業開始

1.パソコンを裏返しにし、メモリーを装着するスロットのカバーのねじ1本とバッテリーを外します。

2.ボトムケースのねじ18本を外します。(本当に全部外す必要があるかは疑問・・ねじさえ余らなければOKとしましょう(笑))

3.パソコン本体を表にし、画面を開きキーボードを外します。
  赤マークの四角のところの爪を外します。

注)キーボードを外す際にマイナスドライバーを使うとキーボードや本体の表面に傷をつける場合がありますので、気を付けてください。

4.キーボード自体を外します。
  マザーボードを持ち上げるとフラットケーブルが確認できます。
  コネクタ部の白い部分を右に起こして、キーボードとマザーボード接続しているフラットケーブルを外します。

  これで完全にキーボードが外れます。

5.キーボードを外したら、次は2ヶ所の赤い四角のフラットケーブルも外し、のねじとのねじも外します。
  青と緑のねじは長さに違いがありますので、別々に保管しましょう。
 赤い四角のフラットケーブはすごく小さいので意外と忘れがちです。ねじだけ外してフラットケーブルを抜き忘れないように注意しましょう。

6.カバーを持ち上げるとDVDユニットの下にHDDが現れます。ねじは3ヶ所にあります外していきましょう。

7.SATAケーブルと電源ケーブルは一緒になっていますので、HDDを少し持ち上げて抜いていきます

8.外したHDDのクローンをSSDに作成します。

前回まではUSB接続式のクローンツールを使っていましたが、今回からはこれ!

Salcar USB3.0 2.5/3.5型 SATA HDD/SSDスタンド UASP対応 パソコンなしで丸ごとコピー 8TB*2対応 アルミ筐体 1年保証

パソコン経由でクローンを作成したときは、500GBを3時間半ほどかかっていましたが、これを買って正解でした。

同じ500GBのクローンをおおよそ1時間半で作ってくれました。

時は金なりです、こういった作業には必要不可欠なマシーンですね!

 

9.クローンが出来たら、逆の順で取付組み立てをしていきます。

  組み立ての際に、5で外した極小のフラットケーブルと4で外したキーボードのフラットケーブルをしっかり接続してください。

 

10.起動を確認して作業終了です。

   起動時間 Before 1分25秒

         After 21秒

反省・まとめ

クローンを作成したあとに取付けたSSDは、正常に起動したかに見えましたが、起動後びっくりでした。デスクトップ上のアイコンが全てWindowsマークになっているという悲しい結果になってしましました。つまりそれぞれのアプリケーションのアイコンが表示されていない・・もちろんクリックしても応答なし。

再起動しても変わる様子はなく、しぶしぶSSDの初期化を行い、再度クローンを作成しなおしたらうまくいきました。

なぜそうなったかは不明、原因追及できなのはとても不安ですが、次の機会に調べてみたいと思います。

2度のクローン作成で、無事早い起動になったことは言うまでもありません。

 

 

スポンサーリンク